日本の大工|家族にも優しい炭の家を建てる|希望通りの家

家族にも優しい炭の家を建てる|希望通りの家

内観

日本の大工

つみきの家

日本には、他の国ではまねの出来ない熟練した職人の技が必要な仕事があります。大工の中でも一般的な木造を作る大工さんとは異なる大工が「宮大工」です。この宮大工は、住宅ではなく神社や仏閣などを専門に建築する大工のことを指します。古くからあるこの職業は、日本の良き仏の文化を支えてきた職人たちで遺産に登録されている多くの建築物を作り上げてきました。世界的にも評価されている建築物などもあり、その技法技術は高く長年にわたりその当時の美しさを保つ特殊な技法でもあります。その技術や技法は、徒弟制度という形で師匠から弟子へと口伝により、継承されてきました。ですのでその技術を習得するためには多くの時間を費やすことになります。

宮大工という仕事は、その技術や技法が特殊であり器用さが求められます。昔は数百人いたとも言われていましたが、現在においては継承者は、約100人といわれています。そのために受け継いできた特殊な技法を伝える若者が少なくなってきているのが現状です。そのために各団体をつくり、「匠の技」を伝えるための努力が続けられています。これからも伝える若者が少なくなれば、1000年以上続いてきた宮大工の歴史が幕を閉じてしまうことになり、今現在ある神社や社殿などを修復することも出来なくなってきてしまうことも予測できます。巨大な建築物を修復する作業は、長期間を要しますので大変な仕事ですが、歴史あるこの職業は日本の誇りともいうべき職業です。